憲法改正は日本ではなかなか難しいです

法律

憲法改正は日本ではなかなか難しいです

憲法改正は日本ではなかなか難しいです

最近よく憲法改正の話が出てきて、第九条に自衛隊を明記すると言うことで改正しようしていますが、なかなか世論が盛り上がっていません。
新聞などの調査では賛成が過半数にも満ちていないわけで、これは国会で発議が出来ても、その国民審査を通過すると考えにくい感じです。
これは日本は戦前の富国強兵と言う思考は戦後のGHQの政策の日本弱体化計画によってすごいリベラル思想を普及された関係でそれにすっかり慣れてしまって平和ボケの状態になっています。
日本は単一民族ですから、民族的には揉めることはなく、アメリカの子分と言うことで、他の国々はそれほど本気で日本と揉めることがないです。
したがってますます、平和ボケの状態が続くわけですが、そのアメリカが自衛は自分でやれと言うようになって来ており、憲法改正はやらないといけない感じがします。
国民の中で多くはそれを感じているのですが、このままの方が平和だから現状維持を考える人が多いわけです。